| Home | Title list | Admin |  

2017.051234567891011121314151617181920212223242526272829302017.07

TOPスポンサー広告素人的内覧会のススメ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手
--/--/--(--) | スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
TOP上棟~竣工素人的内覧会のススメ

素人的内覧会のススメ

内覧会のかなり序盤からウ○コを我慢していたWoodBookですこんばんは。

仮設トイレはもう無いし、引渡し前に家のトイレを使う訳にはいかないしショック

内覧会 お腹の中は 内乱会  WoodBook心の俳句

みたいな・・・。 

【定番ネタ・お笑い】ザブングル悔しいです

何故か新居の中に入ると催してくるんですよね。

高気密・高断熱・高便意住宅です(笑)

そんな便意と戦いながらもチェックを怠る訳にはいきませんのでしっかり見てきました。WoodBookが内覧会でチェックしたポイントをまとめておきますよ。あくまでも素人なので専門的な話は出来ません。設備系の事に関しては★すなふきん★さんのブログにかなり詳細な情報が掲載されています。とても勉強になりますので施主検査前にご一読をオススメします!

さて、素人的内覧会のポイントの前に大前提。

【ネタ】まちゃまちゃひとーつ

内覧会はあくまでも細かい部分の最終チェックと考えるべし!

これです。繰り返し主張しますが、大きな問題は発見が遅れると修正不能又は大幅な工期延長につながります。

大きな問題・疑問点は頻繁に現場に通って建築中に随時潰していくのがベストです。

↑に関連しますが、屋根周りや高い場所のサッシ、外壁は足場がある内にチェックしなくてはなりません。内覧会の時点では大抵足場は撤去されていて高い部分はチェック出来ません。当然下から見上げただけでは分からない事もたくさんあります。

以上の大前提を踏まえた上で内覧会に望む訳ですが、まず外周りからいきます。

【ネタ】まちゃまちゃひとーつ

雨が降っていたら要注意!

外壁やサッシの傷・汚れは雨の中では発見が非常に困難です。ただでさえ雨で視界が悪い上に傷・汚れは濡れているとホントに目立たなくなってしまうのです。事実WoodBook邸もBさんが雨の中外周りをチェックしたのですが、晴れた日にWoodBookが見つけたサッシの傷を全部は把握していませんでした。足場がある内に晴れた日のチェックをしておく必要があります。内覧会ではこれらの位置と処理の確認というレベルにしておきましょう。

参考までにWoodBook邸で外周りの汚れで最も多かったのはサッシ等のシーリング材のこびり付きです。納豆を食べて口から箸を離した時に糸がアゴに付く事ありませんか?あんな感じで細~くサッシ等に垂れているのが多いです。

続いて室内です。

【ネタ】まちゃまちゃひとーつ

図面通り、仕様書通りの物が入っていますか?

住設、建具、サッシ、フローリング、クロス、照明その他諸々・・・

モノ自体が違っている等は論外です!

これは自分が選んだ物の仕様をハッキリ覚えていれば嫌でも目に付くと思います。それほど注意していなくても発見出来ます。もちろん動作も確認して下さいね。

ココからが本番です。細かい部分。

【ネタ】まちゃまちゃひとーつ

現場で手間が掛かっている部分に注目すべし!

物自体に傷や不具合がある場合は割と簡単に発見できます。次に注目したのは現場で切ったり貼ったり、施工に手間が掛かっている部分です。クロスを例に挙げると、何も無い平面よりも窓周りや複雑な部分の方が傷・破れ・浮き等が発生する確率が格段に高い筈です。

自分が職人だったらココの作業は手間が掛かりそうだと思うその部分!

熟練の職人さんだって程度の大小こそあれ、平面を貼るより巻き込み部分、角、継ぎ目の処理の方が手間が掛かる筈です。そういう部分を細かくチェックして下さい。逆に平面は何かあれば必然的に目に付きます。

↑と似ていますが・・・

【ネタ】まちゃまちゃひとーつ

他の部材と接している部分に注目すべし!

例えばクロスとドアのケーシングの間、キッチンとキッチンパネルの間、洗面化粧台とクロスの間など諸々の箇所です。ある部材が施工されていてそれに接して他の部材を施工するような場合は、最初に付いていた部材に傷が付いたりする確率も高くなります。また、部材をカットしたりしている可能性も高い部分なので仕上がりには気を付けてチェックします。

忘れがちなのはカウンター等の裏側です。見え難い部分ですが我が家はココの付け根のコーキングが汚かったので指摘しました。

水周りでは壁との間のコーキングはキレイにやってあるかをチェックします。隙間が開いているのは問題外ですが、表面の凸凹もチェックしたいところです。隙間があればそこから侵入した水がカビの原因になりますし、表面の凸凹はそこに水が溜まるようだとピンクヌメリが出易くなります。我が家は洗面化粧台のコーキングが修正後も気に入らなかったので再修正をお願いしました。

これが最後かな・・・。

【ネタ】まちゃまちゃひとーつ

廊下を重点的にチェックすべし!

廊下が広~いお宅はそれほどでもないのでしょうけど、WoodBook邸の廊下は狭いです泣き笑い。この狭い廊下、各部屋に移動するのに必ず通りますよね?建築中も壁が立った後は職人さんは廊下を通って各々の作業場所に行きます。もちろん手ぶらなんて事はありませんよね?道具や部材を持っています。つまり何が言いたいかというとですね、

一番人通りが多い=傷・汚れの付く可能性MAXだってコトです!

【ネタ】東MAX2>

地味だ!確かに地味なんだ廊下!でも一番ダメージを負い易い部分なの。WoodBookと同じ位繊細なの。だからちゃんと見てあげてピンクハート

==========================================================

自分も繊細(自薦他薦問わずw)だと思う人スイッチオン!

【ボタン】ジョジョ





web拍手
2006/12/11(Mon) | 上棟~竣工 | TB(0) | CM(8)
Re:素人的内覧会のススメ(12/11)
ラストスパートですね。いろいろと詳しく書いていただいて、参考になります。僕も4ヵ月後には、こんなことに気をつければいいんだなと。

丁寧に説明も、人気ブログの秘訣ですかね。
2006/12/11(Mon) | URL | あつ [ 編集 ]
うますぎ(笑)
WoodBookさん、こんにちは。

日記の最初からうけてしましましたw

ひそかにポエムですよね~(笑)
2006/12/11(Mon) | URL | oya [ 編集 ]
Re[1]:素人的内覧会のススメ(12/11)
あつさん

偉そうに書いてますけどあくまでも素人目線のチェックポイントですよ^^;

もしかしたら「もっと大事なトコあるだろ~。」って思う方もいらっしゃるかも知れません。



丁寧な説明よりも建築ブログには珍しい笑い要素を楽しんでいただいているような気もしますけどね。

どちらに重点を置いている方にも楽しんでいただけるようにこれからも精進します!

2006/12/11(Mon) | URL | WoodBook [ 編集 ]
Re:うますぎ(笑)(12/11)
oyaさん

こんばんは^^

ホントに不思議なんですけど何故なんでしょうね??

所謂本屋に行った時のあの感じですよ(笑)



ポエムですか?アホポエムw

実はこの冒頭部分が一番時間掛かってたりして・・・。

毎日面白い事が起こるワケではないですからね^^;

2006/12/11(Mon) | URL | WoodBook [ 編集 ]
私も・・・。
今日の日記を読んで、もう一度我が家もチェックしようと言う気持ちになりました。

そして、ちょっとヨコのサッシを見てみると、マスキングテープが張られたままになっています・・・。

直っていないんですね。

あと、シューズBOXのコーキングはきちんとされてないことがわかりました。

1ヶ月点検で手直ししてもらう予定です。
2006/12/11(Mon) | URL | mi-min** [ 編集 ]
Re:私も・・・。(12/11)
mi-min**さん

1ヶ月点検前にセルフチェックしますよね?

その時にちょっとでも参考になれば・・・。

発見した不具合箇所、キッチリ直してもらってくださいね^^

2006/12/12(Tue) | URL | WoodBook [ 編集 ]
おもしろい~
はじめまして。

WoodBookさんの文章、最高です(*´m`)ムフフ

でも、押さえるところはきちんと押さえててとーっても参考になりました。カウンターの下は思いつきませんでした。メモっておかなくちゃ。屋根まわりや外壁のチェックって、足場も普通登る物なんですか?ちょっと高いところ怖いからがんばらなくっちゃ。。



それにしても最後のスイッチオン!も押さずにはいられませんでした。自称繊細なyukiyukiより



2006/12/12(Tue) | URL | yukiyuki [ 編集 ]
Re:おもしろい~(12/11)
yukiyukiさん

はじめまして^^

足場はホントは登っちゃダメなんだと思いますよ・・・。

監督さんも建前上登らないでって言うと思います。

でも登りました。ヘルメットは付けたり付けなかったりでした。

登る時はデジカメは手で持たずポケットへ。両手でしっかりと掴まりながら気を付けて登って下さいね!カメラは撮影直前まで出さない方が良いと思います。

強風に煽られたりしたら落っこちちゃいますから・・・。

2006/12/12(Tue) | URL | WoodBook [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

WoodBook


Author:WoodBook

ゲーセンの占いマシーンに「前世はクリーニングのハンガーです。色はピンクです。」って言われました。
なで肩なのは重たいコートを掛けられたからだそうです。
なで肩じゃないんですどね…。
 

ブログ内検索
最近の記事+コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
HOWPA
House Park SNS
Howpa 住まいと生活の総合コミュニティサイト House Park SNS
家作りブロガーのオアシス(笑)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。